寝る前の儀式

昨夜の出来事です。
雨で涼しかったせいか、リュイが久しぶりに寝る前の儀式をしてくれました。

id_157328422[1]_convert_20150701142003

まずは私の肌掛け布団でふみふみ。

id_157328627[1]_convert_20150701142812

ふみふみしているときの顔はこんな感じ↑か、目を閉じています。

id_157328712[1]_convert_20150701142909

次に横たわっている私の首に乗ってきて、

id_157328957[1]_convert_20150701142925

体勢を整え、

id_157329050[1]_convert_20150701142954

ちょっとなでなでしてもらいながら、

id_157329049[1]_convert_20150701142940

寝に入ります。

id_157329051[1]_convert_20150701143009

このとき、私の首に抱きつくようなおてての感触がたまらないんです

しばらくすると、枕元に移動しちゃうんですけどね^^;


そのとき、ゆきちはというと、

id_157328547[1]_convert_20150701142032

寝室の定員は3名という、リュイの決めたルールを守って、寝室の入り口でじっとしていましたw

でも、途中で我慢できなくなったようで、

id_157329140[1]_convert_20150701143030

足元でふみふみしていました。

ルールを破ったゆきちを、リュイは許しません。
このあと、深夜だというのに、2ニャンの追いかけっこが始まったのでした…(涙)

リュイ、病院へ

昨夜、ダンナからリュイが再度吐いたという連絡がありました。
今度はごはんの前でした。
心配になり、病院へ連れて行こうと思ったのですが、時間的に間に合わず。
今日連れて行くつもりでいたら、朝、私の枕元でリュイのえずく声が…
結局何も吐きませんでしたが。

ということで、朝から病院に行ってきました。
キャリーバッグからリュイを出そうとしたら、いきなりシャーッ!
避妊手術以来だから、半年以上たっているのに、嫌なことは覚えているものですね…

なだめつつ、診察台に乗せて体重測定してもらったら、
「5.02㎏ですね」
看護師さんの声に振り返った先生がリュイを見て、
「あー、立派になっちゃいましたねー…」

え?
立派?
なっちゃいました?

先生に対してシャーフーいいながらも診察してもらい、
「食欲も元気もあるし、下痢もしていないようだから、一時的なものでしょう」
とのことでした。

さっきの先生の一言がどうしても気になったので、
「リュイは太りすぎでしょうか…?」
おそるおそる聞いてみると、
「このぐらいの骨格だったら、そうだなあ、4㎏ちょっとって感じが理想かなあ」
診察台の上で香箱座りをしているリュイのおなかまわりをつまみ、
「このへんのお肉がちょっとねぇ」

リュイはもちろんシャーッと威嚇。
「あ、でも、大型の猫なんで…」
慌ててリュイのフォローに入ろうとしましたが、先生の
「うん、とはいってもねえ」
という一言にあえなく撃沈。

5日分の胃薬をもらって帰宅したのでした。

そして、ダンナに即報告。
リュイ、太りすぎって言われちゃったんだけどさー。
シャルトリューは珍しいから、このあたり(田舎)で飼っている人は少ないだろうし、先生もあまり見たことがないんだよ、きっと。
だって、カリカリも規定量以上にはあげていないし、おやつも原則あげていないもん。
…でも、ゆきちのごはん、ときどき食べてるね…

先生の名誉のために言っておきますが、先生はとても良心的なんです!
今日も薬代含めて1000円ちょっと。
近所でも評判がよく、かかりつけにしている人が多いんです。

今後のごはんの種類や量について、真剣に検討する必要があるのかもしれません…(涙)