肩乗り猫と膝乗り猫

最近、ゆきちはダンナの肩によく乗るようで。
昨日初めて、その瞬間を目撃しましたww

DSC03035+(1)_convert_20151207135612.jpg

見事な肩乗り猫です(^O^)

以前、猫が肩に乗るのは、その人と信頼関係が築けていないからだという話を聞いたことがあり、あらあら、ダンナはゆきちと信頼関係が築けていないのね(ぷぷっ)と思っていたら、ゆきち、私の肩にも乗りました…(涙)

ダンナが某猫雑誌のHPで調べたところ、
「諸説あるけど、その人を信頼しているんだってさー」

我が家では、信頼している説を採用することにしたいと思いますww


ゆきちが肩乗り猫ならば、リュイは膝乗り猫。
昨夜もお膝に乗ってきました。

DSC03036+(1)_convert_20151207135649.jpg

5㎏超級のリュイ、なかなか重いです(笑)

DSC03051+(1)_convert_20151207135729.jpg

でも、ガマン、ガマン。

DSC03059+(1)_convert_20151207135759.jpg

どこの家でもそうだと思うのですが、猫が膝に乗っている人は何もしなくていいというルールが我が家にもあり、
「リュイが膝の上にいて動けないから、ビール1本出してー」
などと、ダンナに指示を出すことができますから♪


昨夜も、リュイが添い寝をしてくれました。

DSC_3351_convert_20151207135905.jpg

ホントは掛け布団をかけたいのですが、リュイは掛け布団が大嫌い。

DSC_3350_convert_20151207135852.jpg

しばらくして、枕の横に移動したら、掛け布団をかけるようにしています。
でないと、どこかへ行っちゃいます(涙)

DSC02942_convert_20151207135538.jpg

最終的には、ここで寝ます。
リュイのために、常にスペースを空けてあります。


ところが、今朝、何者かが私の布団に飛び乗ってきて、そのままおなかの上あたりで寝始めました。
そーっと顔を上げて見ると、

DSC_3355_convert_20151207140022.jpg

ゆきちです。
布団に埋まっているので判別しにくいのですが、首の白い部分がちょこっとだけ見えました。

DSC_3358_convert_20151207135944.jpg

私の目覚ましが鳴っても、起きる気配なし。

DSC_3357_convert_20151207135931.jpg

とはいえ、そのまま寝ていたら、完全に遅刻してしまいます…
ゆきちの寝ているあたりを持ち上げて自分の体をぬき、そのまま下におろして差し上げたのでしたww


なんだか今日の写真を見ていると、うちの2ニャン、すっごく甘えん坊というか、べったりな子たちに見えますね^^;
ま、そういうときもあるんで(笑)

でも、2ニャンで仲良くべったりはしないんですよねー。
今年は暖冬だっていうし、今年も猫団子を見ることはできないんじゃないかと弱気になってきた飼い主なのでした。