続:膀胱炎疑惑でお騒がせ

昨夜のこと。
ダンナと話をしていると、ゆきちがトイレに入りました。
昨日の1つめの記事「膀胱炎疑惑でお騒がせ」事件があったばかりなので、
私たちはそりゃあもうあたたかーい目で、そっと見守っておりました。

ゆきちは、いつもうんPをなさるときのスタンディングスタイルで、
お尻をトイレのへりギリギリに突き出していました。

心の中で、
場外の可能性が高そうだけど、ちゃんと出ればそれでいい、
でも、できればトイレ内にしていただきたい…と祈っていましたが、
その願いもむなしく、うんPの大半は場外へ。。

でも、いいのが出たねーとダンナと笑顔をかわし、
私はトイレから出たゆきちのお尻を拭き、
ダンナは場外とトイレ内のブツを片付け始めました。

我が家の猫トイレ、
ケージ内に薄いプラスチックの板で作った囲いを置いた上に設置してあります。
ブツを撤去後、ダンナが囲いを持ち上げると、
なんとその下には、
ちっこの海が広がっていました…

これ、いつのだろう?
まさか、ゆきちのちっこ玉がなかったときのじゃないよね??

囲いを持ち上げてすぐは匂わなかったのですが、
呆然とちっこの海を見つめていると、徐々に匂いが感じられるようになり、
慌ててケージ内を大掃除することに。

ちっこ玉を探したとき、トイレ自体は持ち上げて確認していましたが、
囲いまでは持ち上げてはいませんでした。

っていうか、
どうやったら、
トイレの下のプラスチック板の下にちっこをすることができるんでしょうか…?
ご存知の方がいらっしゃるのなら、ぜひご教示いただきたいです。。

ねぇ、ゆきち。


DSC08251+(1)_convert_20160729135335.jpg

そうだよねー、



DSC08252+(1)_convert_20160729135353.jpg

だって、



DSC08270+(1)_convert_20160729135415.jpg

膀胱炎かもしれなかったわりには、



DSC08274+(1)_convert_20160729135436.jpg

こーーーんなに



DSC08278+(1)_convert_20160729135506.jpg

元気だもんねぇ…orz


というわけで、一瞬でもゆきちを心配してくださった方々、
無事にちっこが出たことを喜んでくださった方々、
病院の方々には、心よりお詫び申し上げます。。

場外ちっこを見抜けなかった、情けない飼い主のせいで、
大変お騒がせいたしましたm(__)m


DSC08284+(1)_convert_20160729135531.jpg

綿棒にゃんかで夢中で遊んでたからじゃにゃいの?


リュイ様の視線さえ、痛く感じる飼い主なのでした。。