そして、リュイも…

昨日のこと。
午前中に下痢で病院に連れて行かれたゆきちをおいて出社し、
仕事をしていた私にダンナからメールが入りました。

「リュイが下痢」

出社前に緩めのうんPをしたばかりのリュイ。
完全な下痢状態で、回数も増えているため、
夕方の診察に行くことに。

我が社には「猫休暇制度」というものがあり、
外仕事の日でなければ、仕事を抜けて愛猫を通院させることができます。
ゆきちはダンナひとりで十分ですが、
リュイは車の中でおもらしをする可能性も高いため、
猫休暇を取得して病院に行ってきました。

ゆきちより症状が出たのは遅いものの、
同じ症状ということで、リュイも注射1本打たれ、薬をいただいてきました。

2ニャンそろって下痢という同じ症状が出るのは珍しいそうで、
やっぱり原因は不明、寒さによるものということも考えにくいというお話でした。

その後、仕事を終えて帰宅すると、

DSC09468 (1)

ケージ上で寝ているリュイを狙うゆきちw

でも、
ゆきちも本調子ではないようで、

DSC09475 (1)

今までNGだったフリースの上で寝てしまいました。

写真を撮っていると、

DSC09480 (1)

転がってサービス。
そんなことしなくていいのに…


しばらくして様子をうかがうと、

DSC09484 (1)

これまたNGだった、もふみん生地の袋をおいた猫ベッドに移動していました。


DSC09474 (1)

リュイはエアコンの温風が当たるケージ上で寝たままです。

病院の先生は、寒さは関係ないと思うと言っていましたが、
やっぱり寒いのかなぁ…?

そんなわけで、
深夜に我が家の人間用あったかグッズをかき集め、
用意したのがコチラ↓

DSC09487 (1)

遠赤外線治療効果のあるミニ電気毛布の上にフリースを敷き、
さらに「ゆたぽん」を置いてみました。

が、
誰も乗らない…(>_<)


そのうえ、ゆきちが投薬拒否。。
以前はちゅ~るに混ぜれば喜んで食べてくれたのに(;д;)

シリンジで与えようとしたところ、
小さい頃に虫下しの薬をシリンジで与えられて泡を吹いたことを思い出したのか、
必死で抵抗する始末。。

日々のひねりジャンプの練習の成果が裏目に出て、
体をひねって逃げる、逃げる…

追いかけて捕まえてちょっと飲ませて、を何度も繰り返し、
ゆきちも私もへとへとでした。


今日になって、私が起き出してみると、

DSC09491 (1)

ゆきちが人間用あったかグッズの上にいるじゃありませんか!!

写真を撮っていたら、

DSC09501 (1)

フリースはぐちゃぐちゃにされましたが、


DSC09508 (1)

のびのびとくつろいでいる様子。

朝の薬も、ちゅ~るとウェットのごはんを混ぜて差し上げたら、
なんとか飲み切ってくれました。

私が出社の支度をしていたら、

DSC09510 (1)

昨夜のデジャヴじゃないかと思うような光景がw

しかし、

DSC09514 (1)

今日のゆきちは昨夜以上に本気で狙っていたようで、


DSC09515 (1)

リュイの足に手を出したっ!!


DSC09516 (1)

しばらくリュイと見つめ合っていましたが、
このあと、おとなしく引き下がりました。


注射や薬の効果がすぐ出ることを期待していましたが、
出社前のうんPはどちらも昨日とほぼ同じ状態で、変化は見られませんでした。

全然仲良しじゃないのに、
どうして同じタイミングで同じ症状が出てるんだろう…?
原因がわからないために、余計に悩んでしまう飼い主なのでした。