始動が遅い

昨夜のお遊びタイム。
リュイがジャンプを封印してしまったのではないかとびくびくしながら、
まずは、ゆきちと小手調べ。

DSC00341 (1)

すっくと立ち上がり、


DSC00355 (1)

右足を90度上げて羽根じゃらしをがじがじ(笑)

ゆきちがこんなに楽しそうに遊んでいるのに、
肝心のリュイは、寝室に引きこもり(>_<)

羽根じゃらしを持って誘いに行っても、

DSC00381 (1)

遊ぶよりなでなでの方がいいみたい…

この時点で、お遊びタイム開始から30分が経過しています。

「今日はジャンプしないねー」
諦めのいいダンナが遊ぶのをやめて歯磨きに行った直後、

DSC00392 (1)

リュイがかしゃぶんに食いついたっ!!


DSC00414 (1)

小首を傾げて左足をちょこっと上げるという、
一昔前のぶりっ子ポーズでかしゃぶんと戯れ、


DSC00420 (1)

気合の入った瞳で、
獲物ではなく、宙を見つめ、

そして、
ついに、

DSC00397 (1)

あられもない姿で跳んだっ!!

リュイ、
単にエンジン始動が遅くなっているだけみたいです(^^ゞ

リュイ・ジャンプが封印されていなかったことに気をよくした私。
そろそろ寝るというダンナのためにお遊び会場を変更して、
ゆきちとの第2戦を開始しました。

すると、

DSC00477 (1)

奇跡的にピントとタイミングが合って、
躍動感あふれる写真が撮れました~ヽ(≧∀≦)ノ

背景に潰れた猫テントが転がっているものの、
私的には大満足(*´∀`人 ♪
おかげでぐっすり眠ることができましたw


さて、今日のお遊びタイム。
昨夜、リュイにヒットしたかしゃぶんを出すと、

DSC00485 (1)

ゆきちが先に食いつきましたが、


DSC00486 (1)

何やら難しいお顔で考え込んでいます。
でも、ジャンプ中なんですけどねw

昼はあまり遊んでくれないリュイも、

DSC00520 (1)

しっかり2本足で立ち上がってかしゃぶんを捕らえたはずなのに、、


DSC00521 (1)

勢い余ってすごいお顔になってましたw


DSC00530 (1)

今にも跳びそうなポーズと凛々しいお顔は何度も見せてくれましたが、
やはりエンジン始動が遅いのか、ジャンプまでには至りませんでした。。
ジャンプするまで遊んでたら、遅刻しちゃいそうなので(^^ゞ

とりあえず、リュイ・ジャンプの封印の危機は回避されたようですが、
この始動の遅さには何かと問題があるんですよねー。
もっと短時間でエンジンがかかるように、
バッテリー(=おもちゃ)交換を検討し始めた飼い主なのでしたw



【オマケの話】
昨夜、私が野菜を切っていると、
ダンナがにやけた声でしゃべり始めました。
「今日さー、リュイが俺の膝に乗って来たんだよー♪」

! ! !

リュイは私の猫であり、
ダンナには2歳を過ぎるまであまり懐いていなかったのに!!

しかも、
私でさえまだ今シーズンは1回しかお膝猫をしてもらっていないのに!!

動揺のあまり、
危うく手を切るところでした…

絶句している私に向かって、
ダンナ、さらに続けます。
「膝の上でしばらくポジションチェンジしてたんだけどさー、
気に入らなかったみたいで降りちゃったよ」

フォローのつもりなのか、
事実を伝えているだけなのか…

切っていた野菜の冷たさが、
傷ついた心にしみわたった、冬の夜の出来事でした(>_<)