出血大サービス

昨夜のこと。
棚の下段のチラシ+雑誌置き場に潜り込んだゆきちを、
なでなでし始めたダンナ。

DSC09723 (1)

気分さえよければ顔回りまではOKですが、
その他はおさわりNGであるゆきち。

しばらく微妙な表情を浮かべていましたが、

DSC09725 (1)

だんだんと目が細くなってきましたw
細い目の中をよーく見ると、
黒目がまだ警戒心を表しているように見えます(^^ゞ

そして、、

DSC09726 (1)

ついに完全に目を閉じましたヽ(´∀`)ノ

ゆきち、
出血大サービスです


その頃、
リュイは、というと、

DSC09497 (1)

布団の上で優雅に開いておりました(笑)


「遊ぼうか?」とおもちゃを持って、
再び寝室に入っていくと、

DSC09718 (1)

三つ指ついてお出迎え+.(*'v`*)+

これもまた、
出血大サービスレベルですっ!!ヽ(≧∀≦)ノ

これはもう、
遊ぶしかないでしょう♪


DSC09803 (1)

目を凝らさないと、
どんなポーズなのかがさっぱりわからないようなジャンプや、


DSC09809 (1)

お顔も見えなければ、
お猫様らしいくびれも全く見つからない、
リュイならではのジャンプを連発してくれましたw

もちろん、
ゆきちも遊びましたよ♪

DSC09685 (1)

あいかわらず、
子ニャンのような無邪気な表情とかわいらしいポーズに加え、


DSC09850 (1)

得意の大の字ジャンプも見せてくれました。

でも、
よく見ると、
右足にしっぽがからみついてる…?


普段からサービスのいいお猫様とお暮らしの方には、
「そんなのが出血大サービス?」
と思われてしまいそうですが、
2ニャンそれぞれからの出血大サービスのおかげで、
いつも以上に幸せを感じてしまった飼い主たちなのでした。