ホンモノのビビり

昨日のこと。
ベランダ側の外壁の一部がはがれたため、
管理会社の方と業者さんの2人がお見えになりました。

ピンポンの音で、
リュイもゆきちも猛ダッシュ(^^ゞ

ベランダに出る=部屋の中を通過することになるので、
私が2人を案内して部屋の中に入ってきたら、
ダッシュで逃げたはずのリュイが戻ってきていて、
行く手を阻むかのように立ちふさがりました(@_@;)

しかも、
頭を低くして高く上げたおちりをフリフリΣ(゚д゚|||)
いやいや、獲物じゃないから!!

※イメージ画像
DSC02338 (1)

業者さんがそんなリュイを見て一言、

「すごいのがいるねー」

……。


するとリュイ、
おちりをフリフリしながら後ずさり、
テーブルの下に逃げ込みました。

その隙に、
管理会社の方と業者さんがベランダに出て、
現状を確認していただき、
後日改めて工事日程を決めることに。

お2人は再び部屋の中を通って帰られました。

リュイは、

DSC02274 (1)

何事もなかったように、
首をカイカイし始めましたが、
ピンポンの音で猛ダッシュで逃げたゆきちは、

DSC02256 (1)

避難したニャンモックから出ることができません。

15分後、

DSC02262 (1)

ニャンモックから降りると見せかけて、
この姿勢をキープ。


DSC02264 (1)

ニャンモックの下から見ると、
こんな感じw

さらに15分が経過して、

DSC02266 (1)

ようやくニャンモックから完全に降りました。
が、まだ下の段に下りることができません(>_<)

それから10分後、

DSC02270 (1)

段の端に足をかけることができるようになり、
結局ケージから出てきたのは、

DSC02273 (1)

さらに10分以上経過してからでした。。

ゆきち、お2人が帰られてから、
約1時間もケージ内にひきこもっていたことになります。
ビビりだとは思っていましたが、
ここまでとは。。


その後は私のじゃらしテクニック(笑)によって、

DSC02288 (1)

寝技だけでしたが、


DSC02289 (1)

何とか遊べる程度には回復しました。


今回はほんの10分足らずの来客だったのに、
これが本格的な工事となったらどうなることやら(+_+)
今後の工事を思うと、憂鬱にならずにはいられない飼い主なのでした。。


【オマケの話】
一昨日、昨日と2日連続だった午前4時44分のリュイの嘔吐、
本日はありませんでした~ヽ(≧∀≦)ノ
その後の30分ごとの要求もですっ!!
ってことで、
私は目覚まし時計が鳴るまで、
ぐっすり眠ることができました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

あ、でも、
ダンナが起こされたかどうかは知りません(笑)