その猫、凶暴につき

実は、先週静岡の自宅に帰省してまして、
何かとバタバタしておりました(^^ゞ
訪問やコメントが滞り、申し訳ありませんでしたm(__)m

リュイとゆきちももちろん一緒に帰省したんですが、
自宅に遊びに来てくれた猫大好き甥っ子ちゃん②(=成人男性)に、
それはそれはひどい仕打ちをしてくれまして…

※写真と記事は関係ありません。

DSC08441 (1)

リュイは甥っ子ちゃん②から見えない所に引きこもり、


DSC08452 (1)

「リュイちゃ~ん」という必死の呼びかけに応えるように、
ようやく出てきたと思ったら、


DSC08462 (1)

ウーシャー攻撃に加えて高速猫パンチ!!Σ(゚д゚|||)

甥っ子ちゃん②の手の甲には、
3㎝はあろうかというミミズ腫れができておりました…(-_-;)
あ、ちなみに、出血もしてました(>_<)

いつも動物病院の先生に対して、
「リュイはウーシャー言うだけだから、
そんなに警戒しなくていいのに」と思っていましたが、
「その猫、狂暴につき、十分警戒してください」って、
今後は言わなくちゃいけないかも(^^ゞ


一方のゆきちは、

DSC08521 (1)

小さい頃に遊んでもらったり、


DSC08509 (1)

おやつをもらったりした記憶が残っているのか、


DSC08535 (1)

甥っ子ちゃん②が近づくと、


DSC08534 (1)

ごろんと転がってなでなでアピール.゚+.(・∀・)゚+.


DSC08531 (1)

からの、がぶがぶけりけり攻撃に加え、
お得意の「ピ―――ッ」という悲鳴を上げていました(>_<)


DSC08536 (1)

おやつだけはちゃっかりいただいたくせに…(-_-;)


根っから動物大好きの甥っ子ちゃん②は全く気にすることなく、
「またリュイちゃんとゆきちちゃんに会いに来るね♪」
優しい言葉を残して帰って行きました。。

甥っ子ちゃん②よ、
凶暴な猫たちでごめんなさい(涙)

どこで育て方を間違えたんだろうと、
途方に暮れてしまった飼い主たちなのでした。