罪滅ぼし

1泊出張から帰ってきたダンナ。
睡眠不足とのことで早々寝てしまったため、
お遊び会場である寝室が封鎖され、
遊びが不十分だったリュイとゆきち。

罪滅ぼしに、
ダンナが翌日の昼から遊んでくれました。

ダンナのことを遊び相手だと認識しているらしいゆきち、

DSC01780 (1)

私がじゃらしを振るときよりも、


DSC01782 (1)

気のせいか、


DSC01789 (1)

楽しそうに、


DSC01778 (1)

遊んでおりました。

悔しいけれど、
ゆきちの遊び相手としては、
ダンナにまだまだかなわないようです…(-_-;)

でも、
リュイは、

DSC01798 (1)

全くやる気なし(>_<)


ところが、
夜になったら、

DSC01875 (1)

「昼は遊ばなくて悪いコトした」と思ったかどうかはわかりませんが、


DSC01950 (1)

まるで、


DSC01956 (1)

罪滅ぼしでもしているかのように、


DSC01933 (1)

張り切って、


DSC01929 (1)

激しく遊んでくれました♪

ま、このときリュイの遊び相手だったのは、
私なんですけどね(^^ゞ


お互いに相手を思いやる気持ちがあるって、
素敵なことだよね…
そんなことを思いながら、
私とはいまいち遊びのノリが悪いゆきちを、
強引になでさする飼い主なのでしたw



【オマケの俳句】
1枚目の写真にありますように、
ラグの下におもちゃを潜り込ませて遊ぶせいで、
夏用のラグが見事にボロボロになってます。。
そこで一句。
「夏ラグや つわものどもが 爪の痕」
お粗末様でした(^^ゞ