昭和の精神論

遊べないカラダ」であることを自覚しつつも、
実は毎晩お猫様の遊びに参加しようとしていた私w

昭和時代の体育会系出身の私は、
「がんばればできる」という精神論を叩き込まれてまして(^^ゞ

咳がひどいうちは、
リュイもゆきちも全然遊んでくれませんでしたが、
おさまってきたら、元通り♪

ゆきちはホンモノのキジ羽根じゃらしで、

DSC03300 (1)

空中で目を瞑って手探りでじゃらしを探したり、


DSC03311 (1)

ロックミュージシャン風に跳ねてみたり、


DSC03322 (1)

きれいなスイングから、


DSC03324 (1)

じゃらしにぶら下がるように体重をかけ、


DSC03325 (1)

神社の鈴を鳴らすようにして、
私の回復を祈ってくれました(笑)


DSC03421 (1)

風邪にゃんかに負けるにゃーっ!! ってねw


しかしながら、
昭和の精神論が通用したのもここまで。

今は平成の時代ってことで、
せっかく新品のほろほろ鳥の羽根をおろしたのに、

DSC03428 (1)

リュイもその気になったのに、


DSC03459 (1)

この日はこれが限界(+_+)


一段と盛り上がろうとするリュイをなだめ、
遊びを打ち切らせていただきました(^^ゞ

昭和の精神論って、
今はもう神話なんだなぁ…
ってことを身に染みて感じた飼い主なのでした(-_-;)