迷作「くまのプーさん」後編

前編の続き…

はちみつを食べすぎちゃって、
お腹がつかえて穴から出られなくなっちゃった、
という武勇伝を再現しようとして失敗した、
お鼻がピンクの黄色いクマさん。

お鼻が黒の黄色いクマさんと、
茶色いクマさんのところに戻ってきて謝りました。

DSC03198 (1)

ごめんごめん、
ちょっと話を盛っちゃったんだ(^^ゞ



すると、
今度は、
お鼻が黒の黄色いクマさんが、
自分の武勇伝を語り出しました。

DSC03145 (1)

私はねー、
風船につかまって、
お空を飛んだことがあるのよー。



↓ダンナによるイメージ画像(笑)
DSC03115 (1)


それを聞いた、お鼻がピンクの黄色いクマさんは、
茶色いクマさんにささやきました。


DSC03164 (1)

どこかで聞いた話だよねー。


DSC03165 (1)

絶対に話、盛ってるよねー。


自分のことを棚に上げ、
お鼻が黒の黄色いクマさんのことを悪く言う、
お鼻がピンクの黄色いクマさん。。


DSC03170 (1)

再現してホントだって証明してやるわよっ!!(*`へ´*)


怒ったお鼻が黒の黄色いクマさんは、
どこからかホンモノの風船を出してきました。


DSC03149 (1)

こんな風にねー、



DSC03153 (1)

風船につかまってねー、



DSC03154 (1)

……。


お鼻が黒の黄色いクマさんの体は、
1ミリも浮き上がりません。。


すると、

DSC03157 (1)

ウソついてごめんなさい~!!


お鼻が黒の黄色いクマさんは、
風船を引きずりながら走って行ってしまいました。


茶色いクマさんは思いました。

DSC03209 (1)

黄色いクマさんって、
みんなプーさんになりたいのかなぁ?




DSC03210 (1)

ふたりともそのままで十分面白いのにね♪


めでたし、めでたし(笑)



【オマケの話】
黄色いクマのカブリモノが2つ出た時点で、
迷作「クマのプーさん」のあらすじを思いついてしまった私。
「わざと下手に絵を描いてほしいんだけど」
ダンナに依頼したところ、
「本当に下手だと思われるからイヤだよ」
とまさかの拒否!(゚д゚)!

「じゃあ、上手に描いてくれていいから」

ってことで、
描いてもらったイメージ画像。。
私の希望通りのレベルでした(笑)