深夜の出来事

先日のこと。
耳慣れない音に目を覚ますと、
リュイがドアをかりかりかじっていました。

※写真は翌日の昼のものです。

DSC02599 (1)

朝ごはんの催促かと思い、
時計を見ると、
まだ午前3時にもなっていません。


DSC02600 (1)

私の枕の隣、
いつもリュイが寝ている場所では、
ちゃっかりゆきちが寝ていました。


DSC02603 (1)

朝ごはんには早すぎるし、
ドアをかじれば私が起きると学習されても困るので、
しばらく放置しておくことに。


DSC02604 (1)

ところが、
リュイはそれではおさまらなかった…(-_-;)

まるで駄々っ子のように、
ドアの前に転がって、
手でも足でもドアをけりけり(>_<)

あまりのエスカレートっぷりに、
思わず私が起き上がってリュイに近づくと、

DSC02605 (1)

私に向かって、
「ウーーーーーッ、シャァァーーーーーッ」

まるでここが動物病院で、
私が先生でもあるかのような興奮状態。。


結局ダンナが起きてドアを開け、
リュイを部屋から外に出しました。
リュイは1階を1周探検し、
電動歯ブラシの音に吸い寄せられて再び部屋の中へ。


DSC02617 (1)

こんなことは初めてだったので、
激しく動揺してしまいました(>_<)

その後は多少ドアをかじっていたようですが、
何とか朝までは部屋にいてくれました。


いったいどうしちゃったんだろう…
ゆきちが私の枕の隣にいて、
自分の寝る場所がないことに怒ったんだろうか…

猫も人間も、
夜はぐっすり眠れるように、
とりあえずリュイの昼寝の邪魔をしようと思った飼い主なのでした。。



【オマケの写真】

自動給水器からお水を飲むリュイw

DSC02571 (1)

水が流れている部分におでこをつけ、


DSC02573 (1)

頬をつけ、


DSC02581 (1)

再度おでこをつけながら、
それでも美味しそうに飲んでいます。

そりゃあ、頭も顔も濡れるわけだ(笑)