ゆきちの思い

リュイの脱走騒動で「寿命が縮んだ日」。
私が会社から帰宅するまでの間、
ダンナの動揺や異様な雰囲気が伝わったのか、
ゆきちは興奮してやみくもに部屋中を走り回っていたそうです。

でも、私には、
リュイを確保する前はもちろんですが、
お隣への謝罪を無事に済ませるまでの間、
ゆきちに関する記憶が一切ありません。

ごめんよ、ゆきち。
リュイのことで頭がいっぱいになっちゃってたけど、
ゆきちの存在を忘れたわけじゃないからね。。

ってことで、
謝罪後はゆきちと遊びましたよ♪
あ、私は左手首を痛めたため、
熱が出たというダンナがじゃらし係です(笑)

まずは「ブリにゃん」でケージの中に誘い込み、

DSC06003 (1)

テンションを上げていただきますw


DSC06031 (1)

舌チロが撮れたところで、
いつものお遊び会場に移動します。


DSC06066 (1)

「はとや」のCMのように、
暴れる「ブリにゃん」を抱え込もうと格闘し、


DSC06050 (1)

見事なバレリーナ・ジャンプ!!ヽ(≧∀≦)ノ
90度以上、足が開いてます♪


DSC06087 (1)

「ブリにゃん」のしっぽをがじがじしながら、
何を考えているんだろう…!?

夕方のことを思い出しているのかな。

きっとゆきちも、
状況がよくわからないなりに、
姿が見えないリュイのことを心配してくれていたんだよね。

仲良しとは言えないけれど、
一緒に暮らす家族だもんね。


ゆきちの思いを想像して、
目頭が熱くなった私がふと振り返ると、
そこには、

DSC06109 (1)

「私は無関係です」と言わんばかりに、
箱に詰まって熟睡している張本人の姿が…(-_-;)


全く悪びれる様子のないリュイに対して、
今後は警戒レベルを最高の「5」に引き上げることを決意した飼い主なのでした。

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは

これで、プチパニックしてる旦那様の隙を見てゆきちちゃんまで
なんてならなくてよかったです。
旦那様が心配してベランダに出たはいいけど戸を閉め忘れて、
足元からゆきちちゃんが、とか。
怖い恐いです。

ゆきちちゃん、状況のわからない中、よく我慢しました。
頑張りました。
えらいぞ~~~。
今回のじゃらし役は、いつぞやダメ出しを食らった方ですが、
本来のじゃらし役の筋肉痛が取れるまで、
もうちょっと我慢してね。

shah-sanさんへ

こんにちは。
リュイに加えてゆきちまで、なんてことになってたら、
もう私がパニックになっちゃったでしょうねー。
ゆきちはベランダに出すと危険だという認識があったので、
ダンナはベランダに出てましたが、
ちゃんと戸は閉めてありましたねw

ゆきち、状況はよくわかってなかったと思うんですが、
お隣さんへの謝罪を終えて私たちが安心したせいか、
いつも以上に激しく遊んだような気がします(^^ゞ
リュイはずっと寝てましたけど(笑)

No title

ゆきっちゃんの姿や、その時のことを想像して再び罪悪感のような気持ちが出てしまったでしょうね。ただならぬ雰囲気を察しているのは間違いない、不安だったでしょうね。
でもお利口に待っていてくれて、偉かったよね。ゆきっちゃん!
お姉ちゃんがいなくて、ご主人様もパニクって、るうさんも卒倒寸前。
僕がなんとかしなきゃ!と思ったに違いない。

ゆきっちゃんがいい子にしていてくれたからこそ、るうさんの記憶も定かではないのでしょう。でもきっと、常に視界の中に入れてゆきっちゃんの安全も確認していたと思いますよ。それはもう、意識なしで、理屈抜きの行動であったと思います。

リュイちゃんも緊張したし怖かったし、一気に疲れが出ちゃったのでしょうね。
もうしっかり休んで元気いっぱいに違いない。
そしてゆきっちゃんも、いっぱい遊んでもらって心も安定したことでしょう。

さ、もう怖い記憶は消し去ろう!
教訓は忘れてはいけないけど、怖かった思いは忘れて、普段に戻ろう!
本当に本当にお疲れ様でした。
もう、筋肉痛も大丈夫かな?

リュイちゃんの脱走事件、本当に生きた心地がしなかったですよね。
でも、本当にリュイちゃんが戻ってきて本当に良かったですね。
本当に本当によかったです。
お外にいる時って、なおさら言う事を聞いてくれないですよね。

ゆきちちゃんも心配だったのですね。
家族はいつでもベッタリじゃなくても、大切な存在ですよね( *´꒳`*)

ゆきち君も、何か危機が訪れていることは
察してたのね。
お隣への挨拶が済むまで 記憶がない…
それだけ大事だったのに 当のリュイちゃんたら😅
NAILが脱走した時も 私は眠れなかったのに
もっと遊んでたかったとお怒りでした(^_^;)
まったく飼い主の心 飼い猫知らずよね〜〜!

NAILうちの子になった頃 2キロくらいしかなかったのに 今、5キロ弱です(^^;;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Anneママさんへ

こんにちは。
家族の異様な雰囲気って絶対に伝わりますもんねー。
しかも、飼い主たちがベランダに出て何かやってるし、
ゆきちもベランダに行きたくてうろうろしたりしたんじゃないかと思います。
記憶にはないけど、ゆきちの姿は確認していたと思いたいです(^^ゞ

リュイはやっぱり疲れてたみたいで、
事件当日の夜は全然遊ぼうとしませんでしたね…
ゆきちは遊んでくれたから、
少しは発散できたと思うんですが。

おかげさまで、筋肉痛も手首の痛みもとれました♪
じゃらし振りとしても復活しましたが、
大幅にレベルダウンしちゃった気がします…(涙)

あーにゃんさんへ

こんにちは。
脱走当日だけじゃなくて、
数日間生きた心地がしませんでした…
しかも、無事に帰ってきた後に、
私がぎゅって抱きしめたのがよっぽど嫌だったみたいで、
しばらく私によりつきませんでした(>_<)
今はもう、以前の関係に戻ってますけどね(^^ゞ

ゆきちもベランダに出たがってうろうろはしてたみたいですけど、
単なる野次猫としてじゃなくて、
リュイを心配していたからなんだと思いたいですw
家族ですもんね♪

cocomamaさんへ

こんにちは。
ホント「飼い主の心飼い猫知らず」です~!!
リュイを連れ戻した後に、
ぎゅってして「もう行っちゃダメ」って言ったんですけど、
それがすごく嫌だったみたいで、
そのときも思いっきり蹴られたのに、
しばらく一緒に寝てもらえませんでした(>_<)
やっと元通りになりましたけどね(^^ゞ

NAILちゃん、そんな小さかったんだ~!!
1歳にまだなってなかったんですね、きっと。
cocomamaさんちが幸せすぎて、
どんどん成長したんですね(笑)

鍵コメIさんへ

こんにちは。
もうねー、自分が平静を取り戻すまで、
ブログの記事にも書けませんでしたよ…
寿命も縮んだけど、
私もダンナも一気に老けたんじゃないかと思います(^^ゞ

なんと、網戸を開けることができるんですか!?
それはすごいけど危険ですねー。
会社にゃんずも網戸を開けてしまうので、
ロックみたいなのを付けましたよ。
最近網戸にしないので見てないけど(笑)

ゆきちとリュイが対照的すぎて(^^ゞ
いろんな意味で涙が出そうになりましたw

おかげさまでもう体は回復しましたよ~♪
いろいろ衰えてるので、リハビリします…

鍵コメJさんへ

こんにちは。
おかげさまで、手首はよくなりました♪
もうじゃらしも振れますよw

箱の中のリュイ、
普段はかわいいんですけどねー。
タイミングがタイミングだったので、
涙が出そうになりました…(>_<)