蛇足以下

我が家のおもちゃ開発担当大臣(=ダンナ)、
ついにいわくつきのキジ羽根を使って、
新作おもちゃを完成させてくれましたヽ(´∀`)ノ

ここまでの道のりは長かった…
オーストラリアから届くはずが、
なぜか中国から届き、
封筒には穴が開いていたうえ、
注文した長さの羽根とは別物が入っており、
そのうさんくささを洗い流すべく、
スチーム洗浄+天日干しをすること2日、
ようやくおもちゃ制作に着手できました。

そのおもちゃがコチラ↓

DSC09810 (1)

百均のファー風ボールにキジ羽根を2本、
贅沢に使った一品です.゚+.(・∀・)゚+.
ま、本当にキジの羽根か?っていう疑問は残りますがw

羽根といえば、リュイお嬢様の大好物。
ってことで、まずはリュイにチェックしていただくことに。

すると、

DSC09819 (1)

すぐに立ち上がるリュイ(@_@;)

悔しいけれど、
蛇足」おもちゃよりいい反応…(-_-;)


しかし、

DSC09833 (1)

キジ羽根の匂いをたっぷり吸いこんだら、
それ以上反応しなくなりました。。


ゆきち坊ちゃんは、というと、

DSC09846 (1)

華麗なジャンプを披露ヽ(≧∀≦)ノ


でも、
すぐに遊ぶのをやめてしまいました。。


ここは、
私の手作り「蛇足」おもちゃの出番かな♪
「蛇足」おもちゃをひと振りすると、

DSC09858 (1)

喜びのあまりお口が開いて、


DSC09873 (1)

無理な体勢でキャッチしようと試みた結果、


DSC09874 (1)

尻もちつきました(笑)


そもそもリュイは、
羽根単品が好きなんだからと、
キジ羽根単品でも試してみると、

DSC09897 (1)

しっかり抱え込んでべーろべろw

でも、
やっぱりそれだけでした。。


ほろほろ鳥の羽根にチェンジしたら、

DSC09903 (1)

跳びついて、


DSC09931 (1)

のけぞって大興奮(*´∀`人 ♪


それにつられて、

DSC09945 (1)

ゆきちも乱入(笑)


結局のところ、
キジ羽根はまるでいいところがありませんでした(>_<)
しかし、残りは28本…(*_*)

いつもよりも口数の少ないダンナに、
かける言葉を見つけられない飼い主なのでした(^^ゞ

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

羽根への不信感、わかります(-"-)
自分も出来得る限りの洗浄消毒はするでしょうし
どうにもキジには見えないんですよねーこれ(-"-)

しかしこの反応を見ると蛇足はそれほど蛇足じゃなかったんですね^^
尻もちゆきちちゃんも跳びつきリュイちゃんもかわいい(*´ェ`*)

ダンナさんの落胆はもっともですがこうなったら
普段できないようなゼイタク使いをして
これまでにないおもちゃを制作するチャンスでは?(๑•̀ㅂ•́)و✧

No title

残りの羽はるうさんのアクセサリーにいかがですか(笑)

開発大臣様もいろいろチェックされているかと思いますが
アクセサリーパーツを扱う「貴和製作所」のHPをご覧になってみてください。
左のカテゴリーから服飾素材>フェザーとたどると
5~6枚セットで羽がお安く?購入出来ますよ♪
すぐにヒモを通せる金具付もあります。

せっかくのダブル雉羽・・・数日後にヒット作になっていることを願うばかり💦
グリオはそれほど羽好きではないけど試してみようかなぁ。
リュイちゃんのように飛びつくほど夢中になってくれたらいいのに!

No title

ほろほろ鳥とキジ羽根、どこの何が違うの~?
匂い?長さ?柄?質感?

28本かぁ・・・・
つなぎ合わせて長くするとかー?(無理?)
でも、大臣の事ですからきっと今頃
イメージ図をたくさん頭の中に描きならべて
見た事もない斬新なオモチャを開発してくれると
思います!!(何気にプレッシャー(*^-^*))

No title

ゆきちくんのズッコケは新喜劇さながらのキレの良さですね。
その前の格好のすごさは反応が素早い証拠でしょうか?
なんかおズボンはいてるみたいで可愛い♪
下半身にばかり注目しているみたいなんですが、最初のリュイちゃんの後ろ足は土偶みたいであきぴー大興奮でしたよ。
担当大臣様の心境を慮って、今日のところは写真そのものへの感想で終わらせたいと思います・・・。

鍵コメさんへ

こんにちは。
うーん、この羽根をいかすのは、
相当難しいような気がしました…(>_<)
1番いい羽根を選んでこの結果ですし(^^ゞ
どういかしていくか、
夫婦で真面目に考えようと思います(-_-;)

キノボリネコさんへ

こんにちは。
そうそう、キジ羽根っていう点でもう怪しいんです!!
ダンナは雄キジの背中の羽根じゃないかっていうんですが、
送られてきた羽根の中で、最も大きいのを使ってこれですよ。
小さいのなんて、3㎝未満だし(-_-;)
でも、せっかく買っちゃったし、
このまま残しておくのもしゃくなので、
また別のおもちゃにしようとは思ってるんですけどねw

今さらながら、
「蛇足」おもちゃはヒットだった気がしてきました(笑)

普段できないような贅沢使いw
残りの羽根をすべて投入して、
超豪華羽根じゃらしでも作ってみようかなー。
スルーされるのが目に浮かびますが(>_<)

まりおさんへ

こんにちは。
羽根の使い道って言ったら、
おもちゃかアクセサリーの2択ですよね…(^^ゞ

有力な情報提供、ありがとうございます^^
「貴和製作所」のHP、早速拝見しましたよ♪
今回ダンナが購入したのはキジの羽根ではなくて、
キンケイの羽根ではないかという疑惑が深まりました(笑)
もうねー、このキジ羽根は諦めて、
他の羽根か、今度こそ本物のキジ羽根を買おうって話してるところだったので、
とても参考になりました。
ポチッたら、報告しますね^^

羽根の根元部分(中骨みたいな方)が隠れているのも、
食いつきが悪かった原因の1つかもしれません…
諦めの悪い私のことだから、
たぶんもう少し試行錯誤すると思います(^^ゞ
グリオさんはそんなに羽根好きじゃないんだー。
ってことは、何かと組み合わせた方がいいですね。
「蛇足」呼ばわりされないものを(笑)

ゆりっぺさんへ

こんにちは。
感覚の鋭いお猫様ではなく、
私のような鈍い人間が比較しても、
明らかに長さと柄と質感は違いますよー。
たぶん匂いも違うんだと思います(>_<)
っていうか、本物のキジ羽根じゃない気がする~!!

大臣は今、完全にやる気を失ってます…
このキジ羽根じゃない羽根をネットで探してましたもん(笑)
でもなんだかもったいない気がするので、
私がまたおもちゃ作りをしちゃうと思います。
この羽根でヒット作が生まれたら、
奇跡だと思いますが(^^ゞ

あきぴーさんへ

こんにちは。
ゆきちの柔軟性にはいつも感心してるんですが、
勢い余って尻もちつくことも多いです(^^ゞ
リュイの下半身、安定してますよねー。
モンちゃんも最近はかなり安定してきたのでは!?
しかしながら、土偶に似てるとは気づかなかった(笑)
今もう1度写真を見直したら、確かに似てるかもw

大臣にお気遣いいただき、ありがとうございます。
この羽根にはもう見切りをつけたようで、
ネットで違う種類の羽根を探してました(^^ゞ
残りは私が意地でも消化しようと思ってますw

No title

こんにちは

なんだか、予想を裏切りませんでしたね、雉の羽根。
思い返せば、最初から躓きっぱなしでした。
納期が9/20、
オーストラリアのはずが中国、
長さが鷺、もとい詐欺。
待たされた分、期待は膨らむかと思ったら、
ホロホロ鳥と「蛇足」という素晴らしい中継ぎが大活躍で、
不要論さえ出る始末(そこまでじゃないって)。
そして、やっぱりでしたか。
これも、「蛇足」みたいに、初回限定NGだといいですね。

残りの雉羽根の処分は、どうするんでしょ?
3か月熟成してから、羽子板に貼るとか、
羽根突きの羽根にするとか。
あ、その前に、忘年会の一発芸用の禿ヅラに、
こめかみの高さで耳から後頭部、反対の耳へと半周貼って
「サンバカーニバルの後の祭り」
忘年会 返り咲けるか 雉の羽根

shah-sanさんへ

こんにちは。
もうホント、このキジ羽根にはやられましたよ…
いい意味で期待を裏切ってくれるんじゃないかと、
心の片隅で思っていたんですが、
現実はそんなに甘くありませんでした(>_<)
中継ぎ目的で発注したほろほろ鳥が、
期待以上の働きをしてくれちゃってましたしねー。
初回限定NGですか…
その期待も薄そうです(-_-;)

残りの羽根、どうしましょ。
でも、残りの羽根って限りなくしょぼいんです。。
サイズも小さいし、色も薄いし。
頭半周分なんて、とてもとても羽根が足りません。
忘年会の余興にするにしても、
羽根をつけていることすら伝わらないレベルです(>_<)
地味におもちゃでリベンジ図るしかないかと…(^^ゞ